本文へスキップ

平賀睦夫法律事務所ホームページ

電話でのご予約・お問合せはTEL.03-3221-5321

法律相談のご予約はこちら

交通事故Q&A

1.事故を起こしたら

Q1.交通事故の被害者になった場合、どう行動すべきですか。
Q2.交通事故の加害者になった場合、どう行動すべきですか。
Q3.交通事故の加害者はどんな責任を負いますか。
Q4.交通事故の被害者になった場合、弁護士に依頼するメリットを教えて下さい。
Q5.交通事故の加害者になった場合、弁護士に依頼するメリットを教えて下さい。
 
2.誰が損害賠償を請求できるか

Q6.交通事故で被害者が死亡した場合には、誰が損害賠償を請求できますか。例えば、夫が死亡した場合は・・・。
Q7.内縁の夫が事故死した場合、内縁の妻は損害賠償を請求できますか。
Q8.運転者の好意で車に乗せてもらった人は、運転者に対して損害賠償を請求できますか。例えば、Aさんがゴルフ場に行く為に、同じくゴルフ場に行く友人Bさんの運転する車に便乗させて貰ったところ、Bさんが事故を起こしてAさんがケガをした場合は。
Q9.夫の運転する車に乗っていた妻が事故によりケガをした場合、妻は夫に対して損害賠償を請求できますか。
   
3.誰が損害賠償責任を負うか

Q10.交通事故を起こした場合、直接の加害者の他に損害賠償責任を負う人はいますか。
Q11.従業員が会社の車を無断で持ち出し、休日の私用運転中に人身事故を起こした場合、会社は責任を負いますか。
Q12.従業員が会社の車を無断で持ち出し、休日の私用運転中に物損事故を起こした場合、会社は責任を負いますか。
Q13.盗難車が人身事故を起こした場合、車の持ち主は責任を負いますか。
Q14.従業員が通勤中に自分の車で人身事故を起こした場合、会社は責任を負いますか。
Q15.従業員が事故を起こした場合、社長は個人的に責任を負いますか。
Q16.一緒に酒を飲んだ友人が車で帰宅途中に事故を起こしました。私も責任を負いますか。
Q17.加害者が死亡した場合、誰に損害賠償を請求できますか。
Q18.従業員の事故について会社が損害賠償金を支払いましたが、会社は従業員にその金額を請求できますか。
   
4.損害の範囲

Q19.交通事故の損害としてはどのようなものがありますか。
Q20.交通事故によりケガをした場合(傷害事故の場合)、損害として認められる範囲を具体的に教えて下さい。
Q21.交通事故により死亡した場合(死亡事故の場合)、損害として認められる範囲を具体的に教えて下さい。
Q22.交通事故により車や建物などの物を壊した場合(物損事故の場合)、損害として認められる範囲を具体的に教えて下さい。
   
5.交通事故と保険

Q23.交通事故でしたケガの治療にも、健康保険を使えますか。
Q24.自賠責保険(強制保険)の被害者請求とは何ですか。
Q25.交通事故でケガをしましたが、加害者が自賠責保険にも任意保険にも入っておらず、支払能力もありません。損害賠償金を受け取ることはできませんか。
Q26.ひき逃げされた被害者は、誰に損害賠償を請求できますか。
   
6.交通事故の損害賠償問題を解決する方法

Q27.交通事故でケガをした場合、加害者から損害賠償金を支払って貰うには、どうしたらいいですか。
Q28.加害者から、損害賠償金(示談金)を確実に支払って貰うには、どうしたらいいですか。
Q29.事故後、車の修理費を支払って貰うことで加害者と示談しましたが、しばらくして後遺症が出てきました。加害者に後遺症の治療費や慰謝料などを請求できますか。
Q30.弁護士費用特約とはなんですか。






information事務所情報

平賀睦夫法律事務所

〒102-0072
東京都千代田区飯田橋1-12-3
TEL.03-3221-5321
FAX.03-3221-5322
業務時間 平日9:00〜18:30
    (土9〜12相談可)
hiraga@houritsujimusyo.com
お問い合わせ

リンク集